スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←熱 【2】 →涙 【2】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png MAP
もくじ  3kaku_s_L.png CRYSTAL
総もくじ  3kaku_s_L.png FABLE
もくじ  3kaku_s_L.png FATE
総もくじ  3kaku_s_L.png DIVA
総もくじ  3kaku_s_L.png AFFAIR
もくじ  3kaku_s_L.png Kingdom
もくじ  3kaku_s_L.png 泡沫の虹
総もくじ  3kaku_s_L.png Sketch
もくじ  3kaku_s_L.png Odai
  • 【熱 【2】】へ
  • 【涙 【2】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

泡沫の虹

涙 【1】

 ←熱 【2】 →涙 【2】
降りしきる雨の中、互いの思いを確認し合った糸と弥平次だが、それを隠しておかなければいけないことを二人はよく知っている。

たしかに、弥平次は扇屋という大店の息子だが、勘当状態で井筒屋に奉公している手代。そして、糸はその井筒屋の家付き娘。そんな二人の関係を父親である清兵衛が認めるはずがない。

それでも、若い二人は思いを抑えることができない。いつの間にか、二人は人目につかぬようにこっそりと逢引を繰り返すようになっていた。

しかし、あまりにも頻繁になってくれば、どうしても女中たちの目にはついてしまう。もっとも、彼女たちにすれば、これは恰好の話の種もある。そのため、女中たちは仕事の合間にこの話で盛り上がり始めていた。


「ねえ、あんたはどう思うの?」

「だから、何よ」

「わかっているくせに。ほら、また弥平次さんが来たわよ」


そう告げられ、肩を叩かれた方は、相手の示す方に目をやっている。そこに映る人影に、声をかけられた方は、大丈夫なのか、というような色を顔に浮かべていた。


「ねえ、旦那さまがこのこと、知ってるってこと、ないわよね」


その声に、別の女中が訳知り顔で話に入ってくる。


「旦那さまが知ってるはずないじゃない。だって、旦那さまは番頭さんとお嬢さんを一緒にするつもりなんだもの」


その声に、その場にいた女中たちは顔を見合わせる。そんな事情があるのなら、このことを清兵衛が知ったらどうなるか。


「じゃあ、このことがわかったら、弥平次さん大変なんじゃないの?」


一人のその声に、別の相手も頷いている。


「そうよね。間違いなく、お店からは追い出されると思う。それに、お嬢さんもただじゃすまないと思うわ」


その声に、女中たちは一様に首を振る。清兵衛が娘の糸に甘いのは有名だが、彼が大店の旦那であることも間違いない。店を今以上に繁栄させたい彼が、やり手の番頭と娘を夫婦(めおと)にするのは当然ともいえるだろう。

しかし、彼女たちから見れば、年かさの嘉兵衛よりも、若い弥平次の方が糸には似合うと考えている。そのため、彼女たちは弥平次が糸とこっそり会っていることを他では話そうと思ってもいなかった。

そして、そんな事とは露知らぬ弥平次は、糸を庭の陰に呼び出している。恋しい相手からの付文に喜んだ糸は、誰もみていないことを確かめて、いそいそとその場にやってきていた。


「弥平次、そこにいるの?」


囁くような糸の声が、その場には流れている。その声を耳にした弥平次は、彼女をぐっと抱きしめる。その腕の力強さに、糸はうっとりとしたような表情を浮かべていた。


「弥平次、おとっつぁんには知られていないわよね」


糸にしても、手代である弥平次と恋仲になっていることが知られるのは危険だという認識がある。そのため、彼と会った時に最初に口にされる言葉がそれ。

そして、彼もそんな糸の思いをわかっている。彼女を腕に抱いた弥平次の口からは、糸を安心させる声しか漏れてこない。


「大丈夫です。旦那さまは気がついておられません。それよりも、今日はお嬢さまにお渡ししたい物があるんです」


そう言うと、弥平次は袂から小さなものを取り出すと、糸の目の前にそれを差し出していた。それが、可愛らしい細工の簪だということを知った彼女の目が喜びに輝く。


「弥平次。なんて可愛らしいの。でも、無理をさせたんじゃないの? あなたの給金で、こんなのを買うのは大変なんじゃないの?」


弥平次が差し出した物は、いつも糸がつけている花簪ほど大きいものではない。それでも、細工物のこれが手代の給金で簡単に手に入るものではないことに糸は気がついている。

恋人に無理をさせたのではないか、と不安がる糸に、弥平次はしっかりとした声でこたえていた。


「心配しないでください。愛しいお嬢さまに贈る物です。お嬢さまが喜んでくださるのが何よりです」


弥平次のそんな声に、糸は頬を真っ赤に染め、彼の胸に顔を埋めるだけ。そんな彼女の髪を弥平次は愛おしそうに撫でている。その彼に、糸は甘えたような声でしなだれかかっていた。


「弥平次、それをつけて」


その声に、弥平次は驚いたような表情を浮かべている。それでも、自分が贈ったものをその場で糸がつけてくれることが、嬉しくないはずがない。彼はそっと糸の髪に、簪をさしている。


「ねえ、似合う?」


小首を傾げながら問いかける糸の姿は、弥平次には何よりも愛らしいと思えるもの。そんな彼女の体をしっかりと抱きしめた彼は、耳元でそっと囁きかけている。


「よく似合っています。そして、お嬢さまがそんなに喜んでくれるのが、わたしには何よりも嬉しいことです」


その声と同時に、弥平次は糸の唇をふさいでいる。突然のことに驚く糸だが、彼女がそれを拒むはずもない。

遠慮がちに重ねられる唇は、互いの思いを伝えるように、熱っぽく何度も繰り返される。今の二人は互いの思いが通じ合っていることだけに喜びを感じているのだった。



◇◆◇◆◇



若い二人がそうやって、何度も逢引を繰り返している。そのことを清兵衛は何となくだが、感じとっていた。

もっとも、その相手が弥平次だということまで気づいているわけではない。彼は奥の女たちが変にそわそわしている態度から、何かがあるのではないかと思っているのだった。

そんな中、清兵衛は糸の髪に飾られている簪にふと目を止めていた。

それは、いつも糸がつけている花簪とは違うような気がする。いつの間に、あんなものを手に入れたのだろう、と思った清兵衛はその場にいた嘉兵衛に問いかけていた。


「嘉兵衛、ちょっと訊ねるが、糸の簪。あれはお前が糸にやったものかい?」


主人の問いかけに、嘉兵衛は不思議そうな色を浮かべるだけ。そんな彼の姿に、清兵衛は糸が誰かと情を交わしているのだということを確信していた。

そのことは、彼にとって納得のいく話ではない。なにしろ、清兵衛の中では糸の婿として嘉兵衛を迎え、今よりも店を大きくするつもりがある。このままでは、その思惑も潰れてしまう。そんな危惧を抱いた彼は、持っていた煙管で文机をポンと叩くと、嘉兵衛の顔をじっと見ていた。


「旦那さま、どうかなさいましたか?」


清兵衛の様子がいつもと違う、と思った嘉兵衛はそう口にすることしかできない。その彼に、清兵衛は近くに寄れ、とばかりに手招きすると、その耳に囁きかけていた。


「儂があれほど言っているのに、お前がいつまでも返事をせぬからこのようになる」

「何のことでしょうか」


清兵衛の言おうとしていることはわかっているのに、嘉兵衛はわざと分からないような顔をして、清兵衛を焦らす。嘉兵衛のそんな思惑に乗せられたように、清兵衛はあることを口にしていた。


「糸はお前にやるといっているだろう。儂が許す。今夜にでも、糸の部屋にいけばいい。わかったな」


清兵衛の言葉に、嘉兵衛はしてやったり、とほくそ笑むが、それを顔にだすことはしない。頭の固い番頭という雰囲気を崩さぬように、彼は清兵衛の言葉に反論する。


「しかし、そのようにおっしゃられましても……」


嘉兵衛のその声に、清兵衛は苛々したようにまた煙管をポンと叩く。そして、彼に対してきつい声を投げかけていた。


「糸をどこの馬の骨ともわからぬ奴にやるわけにはいかん。その前に、お前にやろうと言っているんだ。そのことが不満なのか?」

「い、いえ……そのようなことは……」


清兵衛の言葉に恐縮したふりをして、嘉兵衛はそう呟いている。もっとも、彼に見えぬように下げられた顔に浮かんでいる表情は、満足しきったもの。

これで、堂々と糸を自分のものにすることができる。

そう思い、心の中では喝采をあげている嘉兵衛だが、そのような様子をみせるようなへまはしない。そんな彼に、清兵衛は苛々したような調子で言葉を投げつける。


「わかったな。今夜にでも糸を抱けばいい。あれにはまだ言っていないが、儂はお前しか糸の婿は考えていないからな。少し順番が狂うが、それは仕方がない」

「旦那さま、それは少々、無茶なのでは……」


心の中では喜びの声をあげているにも関わらず、口ではそれを否定する。嘉兵衛のそんな表面の姿だけに惑わされた清兵衛は、呆れたような調子で言葉を続けるだけ。


「構わんといっている。それとも、お前は糸のことを嫌っているのか? そのせいで返事を渋っているというのなら、これ以上の無理は言わぬが」

「ま、まさか、そのようなこと……ただ、あたしはお嬢さんからみれば、年寄りなのだと思われているのではと……」


そんな、しどろもどろの様子を見せる嘉兵衛に、清兵衛はクックとおかしそうに喉を鳴らすだけ。そのまま、彼は立ちあがると、嘉兵衛の肩を軽く叩いていた。


「お前にそんな可愛らしいところがあるとは思わなかったよ。とにかく、さっさと用事を片づけて、糸の相手をしてやってくれ」



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png MAP
もくじ  3kaku_s_L.png CRYSTAL
総もくじ  3kaku_s_L.png FABLE
もくじ  3kaku_s_L.png FATE
総もくじ  3kaku_s_L.png DIVA
総もくじ  3kaku_s_L.png AFFAIR
もくじ  3kaku_s_L.png Kingdom
もくじ  3kaku_s_L.png 泡沫の虹
総もくじ  3kaku_s_L.png Sketch
もくじ  3kaku_s_L.png Odai
  • 【熱 【2】】へ
  • 【涙 【2】】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【熱 【2】】へ
  • 【涙 【2】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。