スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←酒乱のススメ →結婚狂詩曲 【1】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png MAP
もくじ  3kaku_s_L.png CRYSTAL
総もくじ  3kaku_s_L.png FABLE
もくじ  3kaku_s_L.png FATE
総もくじ  3kaku_s_L.png DIVA
総もくじ  3kaku_s_L.png AFFAIR
もくじ  3kaku_s_L.png Kingdom
もくじ  3kaku_s_L.png 泡沫の虹
総もくじ  3kaku_s_L.png Sketch
もくじ  3kaku_s_L.png Odai
  • 【酒乱のススメ】へ
  • 【結婚狂詩曲 【1】】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「FABLE」
Short

Valentine's battle

 ←酒乱のススメ →結婚狂詩曲 【1】


  〔1〕


灰の月。それは女の子にとって一番ワクワクするイベントのある月だろう。もっとも、灰の月は寒さの厳しい時期でもある。

しかし、灰の月の声がきこえると、あたりからは甘い香りがどことなくただよってくる。そして、道を歩く女の子たち。彼女たちも、どことなく浮き立つような表情をしているのだった。


「ねえ、もう用意できた?」

「まだなの。もう時間もあまりないでしょう。手伝ってくれない?」

「もちろんよ。それに一緒にした方が早いものね」


街角で女の子たちが騒ぐ声が響いている。灰の月14の日。それは、彼女たちにとってなによりも重要な日といえるのだ。

どうしてか。それは、この『灰の月14の日』が、誰もが公然と自分の思いを口にすることができる日だから。

普段であれば、告白を待つだけの女の子。そんな彼女たちが積極的に動いても、顰蹙をかうことのない日。

そして、それはグローリアの王城内でも同じ。そこには、何か考えごとをしているような少女の姿があるのだった。


「アルディス、何を考えているんだい」

「カルロス様」


背後から聞こえてきた声に少女――アルディス――は満面の笑みを浮かべていた。この国の王女である彼女は、婚約者であるカルロスの顔を甘えたような顔でみている。そして、彼女は彼にしなだれかかると、とっておきの秘密を話すように、耳元で囁いているのだった。


「とってもいいことを思いつきましたの。ですから、邪魔なさらないでね」


そう言ってニッコリと笑うアルディス。そんな彼女に、カルロスが逆らえるはずがない。

その時、部屋の外を盛大なため息をつきながら歩く足音があった。その音にそっと扉に近付いているアルディス。そして、ため息と足音の主が兄アルフリートである。そのことを確かめた彼女は、クスリと笑っているのだった。


「あらあら、お兄様も相変わらずだこと」


その声は部屋の外を歩いているアルフリートには聞こえない。しかし、側にいるカルロスにはハッキリと聞こえている。

その姿がこの状況を楽しんでいるようみえる。そう思ったカルロスは、思わず苦笑を浮かべているのだった。


「お前の兄貴のシスコンぶりには前から呆れていたが、この頃はマシになったようだな」

「お兄様には他に気になる方ができましたもの」

「それはめでたいが、相手が気の毒だな。誰だ、その貧乏籤をひいたのは」


カルロスの問い掛けに、アルディスはクスリと笑っただけ。そんな彼女の様子に、答えるつもりがないと思ったのだろう。カルロスは仕方がない、という表情を浮かべているのだった。


「お前が言うつもりがないなら仕方がないが、ちゃんと教えてくれるんだろうな」

「当たり前ですわ。その時になったら一番に教えてさしあげましてよ」


笑いながらそう言ったアルディス。彼女は小さな包みを大事そうに持っている。そんな彼女の様子に、カルロスは不思議そうな顔をしているのだった。


「アルディス、それはなんだ」

「ナ・イ・ショ。今からセシリアと会いますの。ちょっと席を外していただけませんかしら?」


上目づかいにおねだりするアルディスの仕草。それにカルロスが勝てるはずもない。彼はあっさりと白旗をあげると理由をたずねることなく、その場から離れているのだった。



  〔2〕


カルロスが部屋を出るのと入れ違いのように入ってきた相手。その顔に浮かんでいる表情は、どことなく疲れたようなもの。しかし、アルディスはそのことを気になどしていなかった。


「セシリア、呼付けたりしてごめんなさい」


真意は別にあるのだろう。しかし、無邪気な顔でそう言うアルディスの様子。それに、セシリアも思わず笑っているのだった。

そんなセシリアの姿にアルディスも負けてはいない。彼女もニッコリ笑うと、手に持っている包みを差し出していた。


「今日はセシリアにお願いがあるの」

「な、なんでしょうか」


大きな瞳をウルウルさせて、すっかりお願いモードになっているアルディスの姿。そして、意味ありげに差し出されている包み。

これを受け取ったら、とんでもないことがおこるかもしれない。

そう思ってみても、セシリアがアルディスの言葉を断れるはずがない。彼女は反射的に手を伸ばすと、アルディスの差し出すものを受け取っていた。

そして、セシリアが困惑しながらも受け取った。それをみたアルディスは、極上の笑顔でポツリと言っている。


「それをお兄様に渡してほしいの」

「アルフリート様に、私からですか?」


セシリアのその声には「どうして」という色が浮かんでいなくもない。そんな彼女に、アルディスはクスクス笑っているだけだった。


「わたくしから渡してもいいのよ。でも、それをするとカルロス様が嫌がるんですもの」


アルディスの言葉にセシリアはため息をつきながらも納得している。カルロスはアルディスの婚約者という立場を手に入れ、間もなく結婚式も挙げようとしている。しかし、アルフリートが妹のアルディスにベッタリだ。その事実を忘れているわけではない。

そのため、アルディスがアルフリートのことを話題にするたびに、どこか苦虫を潰したような顔になる。そのことは、アルディスの側仕えであるセシリアも、よく知っていることだった。

そういうわけならば仕方がない。そう思ったセシリアは、承知するしかないということにも気がついているのだった。


「かしこまりました。それでは、今すぐお渡ししてまいります」

「ダメ。まだ、それを渡していい時じゃないの」


アルディスに一礼し、部屋を出ようとしたセシリアをアルディスは引き止めている。そして、呼び止められた形になったセシリア。彼女はまだ何かあるのだろうか、というような顔をしているのだった。


「それは、灰の月14の日に渡してほしいの。お願いね」

「灰の月14の日ですか? どうして、そのように日時を指定なさるのですか」

「その日にお兄様に渡してくれれば、あなたのイライラも解消すると思うのよ」


思わせぶりなアルディスの言葉にセシリアは首を傾げている。一体、彼女は何を言おうとしているのだろうか。そんなセシリアの表情に気がついたのだろう。アルディスは、種明かしをするような顔を見せていた。


「侍女たちが言っていたもの。セシリアがお兄様からのプレゼントで困っているって。だから、灰の月14の日にそれを渡してほしいの。そうすれば、お兄様からのプレゼントはなくなるはずよ」

「本当ですか」


セシリアはアルフリートの求婚じみた行動によほど悩まされていたのだろう。アルディスの言葉にすっかり顔色を明るくしている。

しかし、彼女は灰の月14の日の意味を知らないのだろうか。

その日は自分の思いを相手に告げることのできる日。つまり、その日にプレゼントを渡す。それは、自分が相手に好意をもっていると叫んでいるようなものなのだ。

しかし、セシリアの様子からはそれに気がついているという気配は微塵も感じられない。それをみたアルディスは悪戯を思いついた子供のような表情でクスリと笑っているのだった。



  〔3〕


アルディスに言いくるめられた形になってしまったセシリア。彼女はアルディスから渡された包みを手にどうしようかと悩んでいるようでもある。

しかし、アルディスの『お兄様のプレゼントはなくなるはずよ』という言葉。それはセシリアにとって、神の福音ともいえるものだったろう。

だが、アルディスから渡された包みは可愛らしいもの。それを見た時、セシリアにはこれが自分の悩みを解消する、とは思えないのだった。

とはいっても、このところのアルフリートの求婚じみた行動。それが日に日にエスカレートして、困り抜いていることも事実。結局、セシリアは行動に出るしかないのだった。


「ふう……どんな顔すればいいのよ」


アルディスが指定したのは灰の月14の日。その日、アルフリートの部屋の前に立ったセシリアはそう呟いていた。

今日がどういう意味をもつのか未だに彼女は知っていない。それでも、自分から何かを渡した場合、どんな反応が返ってくるか。それだけは、おぼろげにでもわかったのだろう。

いかに主君であるアルディスに言われたことではあっても、それは我慢の限界をこえている。そう思ったセシリアはこのまま知らん顔でここから退散することにしたのだった。

しかし、それはそう簡単にできることではない。セシリアがそろりそろりとその場から離れようとした時。彼女の背後から、可愛らしい声がきこえているのだった。


「あら、セシリア。どこに行くの?」


その声に思わず硬直してしまっているセシリア。アルディスのその声はいつもの彼女の声とは違い、あたりに響き渡っている。そして、それに部屋にいたアルフリートが反応しないはずがない。

誰よりも大事な妹の声に慌てて部屋の扉をあけているアルフリート。そして彼はそこにセシリアがいるのをみつけたとたん、すっかり嬉しそうな顔をしているのだった。


「セシリア、何か用があるのかい」


ウキウキという表現が似合いそうなアルフリートの声。それをきいた瞬間、セシリアはその場から逃げ出そうとしている。しかし、そんな彼女の背後からアルディスの囁く声がきこえているのだった。


「セシリア、わたくしの頼んだことができないの? あれほどお願いしたのに」


今にも泣き出しそうなアルディスの声。それを耳にしたセシリアは、どうしようかという表情を浮かべていた。

なぜなら、片方は期待に満ちた様子のアルフリート。反対は今にも泣き出しそうな顔のアルディス。そして、自分の手にはいかにもプレゼントという包み。

進退極まったとばかりに、セシリアは天をあおいでいる。こうなったら、包みをサッサと渡すしかないとセシリアは思っている。

彼女は何も言わずに、グイッと持っていた包みをアルフリートに押しつけていた。よもやセシリアがこのような行動に出るとは思ってもいなかったのだろう。鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしていたアルフリート。しかし、事情がわかったとたん、そこには喜色満面の笑みが浮かんでいる。


「勘違いなさらないでください。それはアルディス様からですわ」


セシリアのそんな声も耳には入っていないのだろう。アルフリートはここぞとばかりにセシリアの手を握りしめているのだった。


「いや、お前の気持ちはよくわかったよ。結婚式はいつにしよう。明日? それとも明後日? いつでもいいんだよ」

「アルフリート様、冗談ではありません」

「式は盛大にしようね。うん。早速、招待客のリストを作らないと。アルディス、忙しくなるね」

「そうですわね、お兄様。セシリア、お兄様のことお願いね」


あまりのことに口をパクパクさせて抗議するセシリア。そんな彼女の思いなど関係ないとばかりに兄と妹の間では結婚式の話が進められているのだった。



~Fin~






総もくじ 3kaku_s_L.png FABLE
総もくじ 3kaku_s_L.png DIVA
総もくじ 3kaku_s_L.png AFFAIR
総もくじ 3kaku_s_L.png Sketch
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png MAP
もくじ  3kaku_s_L.png CRYSTAL
総もくじ  3kaku_s_L.png FABLE
もくじ  3kaku_s_L.png FATE
総もくじ  3kaku_s_L.png DIVA
総もくじ  3kaku_s_L.png AFFAIR
もくじ  3kaku_s_L.png Kingdom
もくじ  3kaku_s_L.png 泡沫の虹
総もくじ  3kaku_s_L.png Sketch
もくじ  3kaku_s_L.png Odai
  • 【酒乱のススメ】へ
  • 【結婚狂詩曲 【1】】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【酒乱のススメ】へ
  • 【結婚狂詩曲 【1】】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。