スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←壊 【2】 →思いの生まれた時
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png MAP
もくじ  3kaku_s_L.png CRYSTAL
総もくじ  3kaku_s_L.png FABLE
もくじ  3kaku_s_L.png FATE
総もくじ  3kaku_s_L.png DIVA
総もくじ  3kaku_s_L.png AFFAIR
もくじ  3kaku_s_L.png Kingdom
もくじ  3kaku_s_L.png 泡沫の虹
総もくじ  3kaku_s_L.png Sketch
もくじ  3kaku_s_L.png Odai
  • 【壊 【2】】へ
  • 【思いの生まれた時】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「Sketch」
Vol.1

風花

 ←壊 【2】 →思いの生まれた時
「あれ? 何か降ってない?」

「ああ、風花だね」

「かざ……? 何?」

「『かざばな』風の花って書くんだけどね。今日みたいな冬の晴れた日に降る雪のこと。まるで花びらが舞ってるようだろ?」

「うん……綺麗ね……」


 そう言いながら少女は手を差し出していた。

 その手の上にひらひらと雪が舞い落ちている。

 自分の手の上で儚くとけていく雪を彼女はじっと見つめていた。

 その表情には、年に似つかわしくないような憂いが潜んでいるよう。


「どうかした?」


 自分の横にいる少女が今にもフッと消えてしまいそうな気がして、彼はささやくような声でそう言っていた。

 ささやきかけながらも右手はしっかりと少女の手を握っている……

 彼女が消えないように……

 どこにも行かないようにと……


「どうもしないの……なんか、あんまり綺麗だから……」


 そう言って、少女は微笑みながら彼の目をみていた。

 何を心配しているの? とでもいいたそうなその瞳に彼は苦笑するしかないのだろうか。


「なんだか、君がどこかに行ってしまいそうな気がしてさ。そうやって風花を手に受けてるとさ……」

「なんだ、そんなこと?」


 いうなり少女は花のような笑顔を浮かべていた。

 クスクスと笑うその姿は今にも雪と一緒に消えていきそうで……



◇◆◇◆◇



「どうかしたの?」


 自分の横でいきなり澄み切った声が響いていた。

 その声の先には何よりも大切なもの……

 あの時、風花を受けていたその手が自分のそばにある。

 あのときに感じた不安はなんだったのか……


「あ……また降ってる……」

「何が?」

「風花」


 彼女の声にそっと外を見てみる。たしかにそこにはハラハラと花びらが舞うかのような風花……


「あの時のあなたって、ホント、おかしかったわ」


 そういいながら彼女は微笑む。

 それを言われると、自分はいつもバツが悪くなる。

 風花を受けていた少女を抱きしめて「行くな」といったあの日のこと。

 何度もその理由をきかれた。

 でも、理由はどうしてもいえない……

 それはそうだろう。

 今にも彼女が消えてしまいそうに見えたからだとは、何があっても言えることではない。

 しかし、今のこの時間はそのことがあったからのこそのものなのだろうか……

 心安らげるこのひととき……

 外で降っている風花は冬の光を浴びてキラキラと輝いている……


~Fin~



総もくじ 3kaku_s_L.png FABLE
総もくじ 3kaku_s_L.png DIVA
総もくじ 3kaku_s_L.png AFFAIR
総もくじ 3kaku_s_L.png Sketch
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png MAP
もくじ  3kaku_s_L.png CRYSTAL
総もくじ  3kaku_s_L.png FABLE
もくじ  3kaku_s_L.png FATE
総もくじ  3kaku_s_L.png DIVA
総もくじ  3kaku_s_L.png AFFAIR
もくじ  3kaku_s_L.png Kingdom
もくじ  3kaku_s_L.png 泡沫の虹
総もくじ  3kaku_s_L.png Sketch
もくじ  3kaku_s_L.png Odai
  • 【壊 【2】】へ
  • 【思いの生まれた時】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【壊 【2】】へ
  • 【思いの生まれた時】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。