更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 01123456789101112131415161718192021222324252627282014 03

【  2014年02月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

決断と決意 【1】

呪歌と姫君

2014.02.06 (Thu)

 その翌日、ファクリスの王都はどこか騒然とした空気に包まれていた。いや、これまでにも貴族や豪商の屋敷に押し込み強盗が入ったことは何度もあるし、今回の事件も珍しいというものではない。しかし、たった一人の犯人が屋敷の使用人も気づかれることなく侵入し、主人夫妻を惨殺したという事実に人々は震えあがったのだ。そして、取り押さえられ役人に引き渡される時にその犯人が叫んだ言葉が、人々により一層の恐怖感を与えている...全文を読む

決断と決意 【2】

呪歌と姫君

2014.02.06 (Thu)

 どこか凄味のある声がフレデリックの耳を抉っていく。今まで、彼のこういう面がでてきたことは殆どない。それだけに、フレデリックはクロードのことを穏やかでどちらかと言えば組みしやすい相手、だと思っていたのだ。しかし、それはあくまでも表面上の物。本来のクロードの性格は、どちらかというと激烈ともいえるものだ、ということを今のフレデリックは身を持って感じている。しかし、ここで引き下がるわけにもいかない。彼は冷...全文を読む

決断と決意 【3】

呪歌と姫君

2014.02.06 (Thu)

 フレデリックがクロードの糾弾を受け、長老の地位を剥奪されたのと同じ頃。ザフィーラ伯邸では、どこか重苦しい空気が流れていた。昨夜の惨劇の後は、すでに綺麗に洗い流されていた。また、フェビアンとシュゼットの遺体も清められ、棺に納められている。間もなく彼らの葬儀が盛大に執り行われるのは間違いない。そんな中、アフルが呪歌を暴走させたことで傷んだ窓や花瓶などは取り払われ、何事もなかったかのような状態になってい...全文を読む

前月     2014年02月       翌月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。