更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2014 01123456789101112131415161718192021222324252627282014 03

【  2014年02月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

詩人の恋

短編集

2014.02.01 (Sat)

 吟遊詩人でありながら、商売道具ともいえる竪琴も持たずに、アリオンは街を歩いていた。その目的地は一軒の酒場。吟遊詩人としてではなく、通りすがりの客の顔をして彼は酒場の前までやってきていた。その中からかすかに聞こえてくる、心を惹きつけられるメロディー。やっぱりアイツはいる。そんな安心した顔で、アリオンは店の中に入っていった。「よ、マスター。繁盛してるね。悪いけど、レオン借りるよ。そうだな……ちょっとやや...全文を読む

それぞれの道 【1】

短編集

2014.02.01 (Sat)

 「これ以上、お話しすることはないでしょう。お引取りを」「伯爵、そのようにおっしゃられるものではありませんでしょう。これは重大な問題であることだということをお分かりではないのですか」「あなた方のおっしゃることの意味はわかっています。しかし、答えが変わるはずがないのですから、お引取りいただきたい」そういうなり、それ以上の話は無駄といわんばかりに席を立つ男の様子に、相手も渋々ながら席を立つしかない。しか...全文を読む

それぞれの道 【2】

短編集

2014.02.01 (Sat)

 その日、アフルはいつもよりも早めに床についていた。別にこれといった理由があるわけでもないのだが、なんとなく気分がすぐれないような気がしていたというのが理由だったのかもしれない。アリオンと話をしていれば気が紛れるといえばそうなのだが、だからといって夜遅くまで彼を引き止める理由もないと彼女は思っているようだった。そして、その日は両親ともに夜会に招待されていて帰宅が遅くなるのもあらかじめわかっていたこと...全文を読む

呪歌と姫君 【1】

短編集

2014.02.01 (Sat)

 今の彼女の生活。それを人は『不幸』というのだろう。しかし、それは決め付けられることではない。なぜなら、幸か不幸かを決めるのは他人ではない。それは、あくまでも本人が決めること。たしかに、かつての彼女は絹とレースで彩られていた。しかし、今の彼女が纏うもの。それは、絹でもレースでもない。飾りも何もない、質素で実用的な修道服。「アフル。どうして、そんな道を選んだの」まるで、彼女が選んだことを否定するような...全文を読む

呪歌と姫君 【2】

短編集

2014.02.01 (Sat)

 このところ、吟遊詩人のギルドと主の間が険悪になっている。そのことを彼らは敏感に感じていた。そして、それがアフルを巡るものであることにも、彼らは気が付いていたのだ。もっとも、それはアフルの竪琴の教師であるアリオンから、それとなく聞いていたからかもしれない。しかし、誰もそのことでアフルを疎ましくなど思っていない。ギルドの申し入れを受け入れれば、彼女が屋敷からいなくなる。その方が、彼らにとっては我慢でき...全文を読む

前月     2014年02月       翌月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。